刺青(入れ墨・タトゥー)を消したい。短期間で消す必要がある方。福岡市博多区祇園町。TATTOO・アートメイク除去。ピコレーザー導入

ハイブリッドレーザー治療

ハイブリッドレーザー治療とは

「エルビウムヤグレーザー」と「ピコレーザー」

若いころにファッション感覚で入れた刺青(タトゥー)を、仕事や結婚を機に消したいというご相談が増えています。刺青除去治療は、切除・レーザー治療・皮膚移植・剥削といった方法がありますが、皮膚の深い部分まで入ってしまった色素や大きな刺青の場合、完全に消し去ることが難しいことも少なくありません。

また、除去が可能だとしても、「刺青が大きいので除去に時間がかかる」「除去には手術が必要で傷ができてしまう」といったことから、希望する期間や方法で除去が難しいケースも多くあります。

そこでご提案したいのが、レーザー機器である「エルビウムヤグレーザー」と「ピコレーザー(エンライトン)」の2台を組み合わせて行う「ハイブリッドレーザー治療」での刺青除去法です。

この方法は、皮膚(表皮層から真皮層)を薄く削る「エルビウムヤグレーザー」と、真皮層の奥深くに残った色素にレーザー照射して色素を破壊する「ピコレーザー(エンライトン)」の組み合わせによって、皮膚の深い部分に入った墨やインクまで除去します。

そのため、刺青の色や入っている部位、大きさなどの状態によらず、ほかの治療方法や医療機関では難しいとされてきた刺青でも、多くのケースで1回の施術で除去が可能になるのです。九州地方では当院、福岡博多駅前通中央クリニックでのみ施術可能です。

ハイブリッドレーザー治療の3大特徴

1.広範囲にわたる刺青も除去可能!

大きな刺青を除去したい方に適しています。

体の広い範囲に刺青が入っていて、皮膚の切除では除去に時間がかかるようなケースや、皮膚切除自体が難しいと診断されたケースでも、ハイブリッドレーザー治療であればほぼ一度の治療で刺青を除去することができます。場合によっては2~3回かかることもありますが、ほかの医療機関で皮膚移植をすすめられたような方にも適しています。

2.カラーの刺青も除去可能!

ほかの治療方法では完全には消えなかったカラーの刺青や濃い刺青の方に適しています。

従来のレーザー治療では、黒や濃い茶色といった濃い色の部分にしか反応せず、薄い色やカラーの刺青を除去することができませんでした。また、1回の照射で完全に消すこともできません。しかし、ハイブリッドレーザー治療であれば、赤や青、緑や紫などを用いたカラーの刺青も除去可能です。カラーだからとあきらめていた方もご相談ください。

3.日常生活のなかで除去可能!

短期間で除去しなければならない方に適しています。

ハイブリッドレーザー治療はメスを使いませんので、体の負担を少なく抑えることができます。切除が不可能と言われた方でもご納得の施術です。また、多くのケースでは一度の施術で治療可能で、仕事や学校を休めないという方、事情があって短期間で除去したい方にとって、ハイブリッドレーザー治療は大きな味方となるでしょう。

ハイブリッドレーザー治療Q&A

Q)誰でも1回の治療で除去できるのですか?
A)刺青の墨やインクが入っている深さや刺青の大きさ、麻酔の必要度合いなどによって、数回に分けて治療を行うケースもありますが、多くのケースでは1回で除去が可能です。

Q)治療は痛くありませんか?
A)局所麻酔を用いるため、治療中に痛みを感じることはほぼありません。特に苦手な方は、局所麻酔と表面麻酔を併用することによって痛み対策を万全にすることも。

Q)治療したらすぐ元のようになりますか?
A)治療時には麻酔をかけるため、麻酔が切れるまで腫れが生じます。また、個人差がありますが、1週間程度は腫れやむくみが出ます。

Q)入院する必要はありますか?
A)治療後は経過観察も兼ねて、状態が落ち着くまで数回程度の通院が必要ですが、入院は必要ありません。

Q)治療後はお風呂に入れますか?
A)当日は控えていただく必要がありますが、翌日からシャワーを使っていただけます。

ハイブリッドレーザー治療の流れ

(1)カウンセリング

まずはご来院いただき、医師によるカウンセリング・診察を受けていただきます。不安なことやわからないことがあったら、遠慮せずにご相談ください。

(2)治療内容を相談

どのように除去したい、いつまでに消したいといった希望をお伝えください。刺青の形状や大きさ、除去したい程度などによって、具体的にどのような治療をするか決定します。

(3)麻酔をして治療

治療当日は局所麻酔を行い、十分に効いたら治療開始。まずは、エルビウムヤグレーザーで表皮層から真皮層を削ります。次に、ピコレーザーで真皮層の深い部分に残った刺青の色素に対してレーザー照射し、色素を破壊します。刺青や皮膚の状態を確認しながらていねいに進めていきます。
治療

(4)消毒・保護

程度にもよりますが、治療はおよそ1時間程度で終わります。治療後は患部を消毒してガーゼで保護。治療後1週間程度は自宅でも軟膏を塗って保護する必要があります。しばらくは日焼けや摩擦などの強い刺激に注意して安静に。
ピコレーザーの症例写真モニター募集
メールでの相談・カウンセリング予約
お電話での問い合わせ

所在地:福岡県福岡市博多区祇園町4−13 博多ゼネラルビル6階

PAGETOP