刺青(入れ墨・タトゥー)を消したい。短期間で消す必要がある方。福岡市博多区祇園町。TATTOO・アートメイク除去。ピコレーザー導入

ピコレーザー

Pico(ピコ)レーザーEnlightn(エンライトン)

ピコレーザーの特徴

ピコレーザー機器にもいくつか種類がありますが、福岡博多駅前通中央クリニックで導入したピコレーザーは、キュテラ社のEnLightn(エンライトン)です。

PicoレーザーEnLightn(エンライトン)とは?

刺青やタトゥー(TATTOO)をレーザーで除去するにはレーザーの波長とレーザー照射時間(パルス幅)が大変重要なのですが、エンライトンが照射するレーザーは750ps(ピコ秒)の一瞬だけ照射されます。(1ピコ秒は1000億分の1秒です。パルス幅ばピコ秒単位のレーザーをピコレーザーと言います。)
このピコレーザーは従来のQスイッチヤグレーザーに比べて非常に短いパルス幅を持つレーザーですので今まで破壊出来きなかったより小さな粒子まで破壊することが可能なため、カラー刺青や濃い刺青を短期間で目立たなく、また痛みを極力抑えて除去することが可能となりました。
ピコレーザーは刺青除去では従来の約半分の回数で除去ができるとともに、従来のレーザー治療で消えなかった刺青や取り残した刺青も目立たなくすることができます。
現在、他院でレーザー照射中の方もお気軽にご相談下さい。
ピコレーザーの特徴

Pico(ピコ)レーザーはこのような方にお薦めです

  • 諦めていたカラーの刺青・タトゥー(TATTOO)除去
  • メスを使用せず、なるべく体に傷を残さず刺青を消したい方
  • 過去にレーザー治療をしたが消えなかった方、または途中であきらめた方
  • 治療回数を少数回に抑え、短期間で消したい方
  • 他院で断られた広範囲の刺青除去
  • なるべく痛みの少ないレーザー治療希望の方

Pico(ピコ)レーザーの特徴

ピコレーザーの特徴

刺青レーザー治療のクリニック選びのポイント

かならず医師がレーザー照射を行うクリニックである事

福岡県内の美容外科には医師ではなく、看護師がレーザー治療を行うクリニックもあるようです。
皮膚の状態やレーザーによ色の反応によっては途中で波長を変えたりレベルを調整する必要があります。
看護師は医師ではありませんので、その判断をする事は一切できません。
体に強いレーザーを照射するにはリスクもあり皮膚状態の反応をしっかりと診察しながら行う事が大切です。治療費用だけにとらわれるのではなく必ず医師がレーザー治療を行うクリニックを選びましょう。
福岡博多駅前通中央クリニックは必ず医師が治療を担当します。

マニュアルに沿った治療は行わないクリニックである事

どのような治療にも、ある程度の治療マニュアルがあります。しかしながら刺青除去は入れた時期や色、塗料の濃さなど個人によって様々で同じ刺青はひとつもありません。それだけ医師の形成外科医・美容外科医としての様々な知識が必要とされます。
ただレーザーを照射すればいいというわけでないこの治療は患者様一人ひとりのの治療経過をしっかりと判断する事が出来る医師であることが大切です。

レーザーについての知識を医師及びスタッフ全員が持っている事

福岡博多駅前通中央クリニックでは刺青除去に関する学習を怠りません。
積極的に学会参加を行い学術症例発表などの知識をスタッフ全員が共有し情報交換を行っております。
看護師やカウンセラーも美容外科クリニックとしてのプライドを持ち、患者様の立場にたってわかりやすい説明と納得いくカウンセリングを心がけております。

ピコレーザーの症例写真モニター募集
メールでの相談・カウンセリング予約
お電話での問い合わせ

所在地:福岡県福岡市博多区祇園町4−13 博多ゼネラルビル6階

PAGETOP