刺青(入れ墨・タトゥー)を消したい。短期間で消す必要がある方。福岡市博多区祇園町。TATTOO・アートメイク除去。ピコレーザー導入

クリニック選びのポイント

刺青・タトゥー除去の前にクリニック選び

刺青除去には様々な方法があります。クリニックによっては治療方法が限られてるクリニックもあり、医師側の都合だけで治療方法を決定してしまう医師も少なくありません。
ではいったい何を基準にクリニックを選べばよいのでしょうか。クリニックを選ぶ際のポイントをお教えします。

医師と患者様のインフォームドコンセントをしっかり行うクリニックである

刺青を除去したいという理由は様々であると同時にどのように除去したいという希望も様々です。
辛い思いを抱え相談にこられる方や自分の意思とは違うけれど除去をしなければならない方もいらっしゃいます。
そのお一人おひとりに気持ちに親身になって相談できるクリニックを選ぶ事はとても大切です。
「他院にカウンセリングの相談に言ったら、医師の話しは全く聞けなかった」「ホームページでいいクリニックと思いカウンセリングにいったら医師からの説明はほとんどなかった」「高慢な態度の医師で不快な思いをした」など不満の声が聞かれます。
医師と患者様の信頼関係はどのような治療を受ける上でも大切な事です。
私たち博多駅前通中央クリニックは何より信頼できるクリニックを目指しています。
     

担当医が様々な治療法を習得した形成外科または外科出身の医師である

経歴に形成外科出身と記載されていても、技術を伴わない医師も多く存在します。「切って縫うだけなら誰でも一緒」ではありません。
皮膚の余裕を見越してのデザインセンスや切除後の的確な処置、事前予測が非常に重要です。
実際に形成外科医師のクリニックで切除希望の相談に行ったら「この大きさでは切除は不可能」と診断され皮膚移植やレーザーを勧められたが、他の形成外科医に相談したら2回に分けた分割切除術で希望していた除去が出来たという例も多く聞きます。
つまり前者のクリニックは経験のない形成外科医だったという事になります。
このように年齢だけを重ねた経験のない形成外科医もいる事は事実ですので後悔しない医師選びをご自身で行う事が大切です。
切除が不可能と言われた方がいらっしゃればまずは当院にご相談下さい。

治療法の選択肢が豊富にあり、治療ポイントの説明がある

治療方法は様々な方法があり、その一つ一つにはメリットもあればデメリットもあります。
刺青の色・場所・範囲によっては確かに治療選択が限られてしまうことも事実ですがクリニック側の都合で治療選択を決められてしまわないようにしなければなりません。例えばレーザーしか取り扱いしていないクリニックであれば当然切除のリスクばかりを説明しますし、レーザーを取り扱いしていないクリニックであればレーザーの欠点のみを説明するでしょう。
つまり治療法の選択肢が豊富にあり、各治療法についての説明が十分になされるクリニックを選ぶ必要があります。
福岡博多駅前通中央クリニックではまず何よりもカウンセリングのお時間を大切にしています。何度足を運んで頂いても構いません。
納得のいく説明は納得のいく結果へとつながります。お気軽にご相談にご来院下さい。

刺青・タトゥー除去の症例実績が多い事・知識向上への努力を怠らない事

当院では多くの患者様の治療経過を見てきました。従来の和彫りや総彫りとは異なり、海外から輸入されたインクを使用するサロンも増え見た目的にも鮮やかな色づかいの刺青が多くなってきました。それだけ刺青に対する知識も必要となってきます。
当院では積極的に学会に参加し、スタッフ全員の知識向上に向けて日々勉強会を行っています。

最後まで責任をもって対応するクリニックである事

治療経過は個人によって違いますし。治療中であっても様々な問題が起こる可能性はあります。
また治療途中であっても患者様の生活状況が変わり治療内容を変更しなければならない事もあります。
その場合でも患者様と親身に向き合う事が大切であると考えます。

これはどの治療にも言える事ですが、治療方法を熟知していることが重要です。様々な方法を網羅した医師がいるクリニックを選ぶ事が大切です。

メールでの相談・カウンセリング予約
お電話での問い合わせ

所在地:福岡県福岡市博多区祇園町4−13 博多ゼネラルビル6階

PAGETOP