刺青(入れ墨・タトゥー)を消したい。短期間で消す必要がある方。福岡市博多区祇園町。TATTOO・アートメイク除去。ピコレーザー導入

刺青タトゥーのレーザー除去法

レーザー照射

福岡博多駅前通中央クリニックでは、Qスイッチヤグレーザーとピコレーザーの2種類のレーザー機器を完備しております。
メスを使用せず、「光熱作用」と「衝撃作用熱」で入れ墨・タトゥー(TATTOO)の除去を行います。

光熱作用

レーザーが刺青やタトゥー(TATTOO)の染料に当たると強い熱エネルギーを生じます。
この高熱作用が入れ墨の染料に反応し燃焼します。レーザー照射後から少しずつ色が薄くなり、色が抜けていく理由はこのためです。

衝撃作用

熱エネルギーで粉砕された入れ墨の塗料は体内で老廃物となり、貧食細胞(マクロファージ)の働きにより少しずつ体外へ排出されていきます。
この働きは3~4か月の期間をかけてゆっくりと行われます。したがって照射後にすぐに色が薄くなるわけではなく、少しずつ薄くなっていきます。
1回の照射後で染料がほとんど体外へ排除されてから次の照射を行った方が、効率よく少ない回数で治療が終了しますので、2回目の照射は約3ヶ月後となります。この治療間隔は、患者様のご都合である程度あけても問題ありません。
クリニックによっては、治療間隔を1か月前後で行うところがあるようですが、最低2ヶ月は間隔を開けなければ塗料の分解が体内で行なわれず、二次性の色素沈着も治まっていません。色素沈着がある間に次の照射を行うと「色素脱失」や「肥厚性瘢痕」の原因となります。

レーザー治療の流れ

医師の診察・カウンセリング

入れ墨の色・部位・濃さなど医師が診察を行います。おおよその治療回数や経過・リスクについての説明を詳しく行い、十分ご納得されたら治療を行います。

レーザー照射

クーリングを行いながら、丁寧に照射していきます。
当院は担当医師が照射を行いますので、ご納得して治療を受けて頂けます。
レーザー照射は輪ゴムで強く弾かれたような痛みを伴います。当院では痛みの苦手な方へ表面麻酔やリラックス麻酔(無痛麻酔)の併用も可能ですので、痛みが不安な方はお気軽にスタッフまでご相談ください。
※看護師が治療を行っているクリニックもあるようです。ご注意下さい。

レーザー照射後のケア

レーザー照射部位にお薬を塗り、ガーゼで保護します。レーザー治療中は日焼けや皮膚の摩擦を避ける必要があります。

ピコレーザー治療費用

刺青タトゥーの除去方法 治療費用(税別)
ピコレーザー治療 1mm 2,500円
ピコレーザーの症例写真募集
メールでの相談・カウンセリング予約
お電話での問い合わせ

所在地:福岡県福岡市博多区祇園町4−13 博多ゼネラルビル6階

PAGETOP